人気のソフトバンク光について口コミや評判、感想やレビュー、評価など。softbank光の速度や解約の違約金、工事費を良い点や悪い点と併せて。 72

ソフトバンク光の口コミや評判、メリットデメリットについて確認していきます。

SoftBank光の公式サイトへ

ソフトバンク光の良い口コミや評判、メリット

ソフトバンク光の口コミや評判は、インターネット上やSNS上で見ることができます。

まずは良い口コミや評判について確認していきましょう。

マンションタイプでは月額が最安級


こちらの口コミでは、ソフトバンク光の料金について言及しています。

ソフトバンク光のメリットの一つに、特にマンション等の集合住宅タイプにおける月額の安さという点が有ります。

ソフトバンク光のマンション等集合住宅タイプの月額は、3,800円(税抜)であり、これは光回線の中でも最安級になります。

ソフトバンク光 ドコモ光 NURO光
月額 (マンション等) 3,800円 4,000円 4,743円
月額 (戸建て) 5,200円 5,200円 4,743円

上記の通り、集合住宅タイプの場合は、特に月額が安くなるため、メリットが大きい光回線と言えます。

ただし、戸建てタイプの場合は、月額が少し上がり、場合によってはNURO光などの方が安くなるケースがあるため、注意しましょう。

開通までの期間にソフトバンクairなどの無料レンタルが可能


こちらはソフトバンク光が開通するまでに関しての口コミです。

光回線の共通のデメリットとして、開通するまでに時間がかかるケースがあるという点が有ります。

しかし、ソフトバンク光に関しては、開通するまでの期間に別のwifi機器を無料でレンタルできるサービスがあります。

レンタルできる機器は、コンセントにさすだけで使えるようになるホームルーターのソフトバンクair(エリア外の場合はポケットwifi)であり、通常だと月額が数千円するものですが、これが無料となります。

ソフトバンク光はこのように開通前でもwifi環境を準備できるメリットが有ります。

他社解約時の違約金負担のあんしん乗り換えキャンペーンあり


上記はソフトバンク光の他社違約金負担に関する口コミです。

ソフトバンク光のキャンペーンの一つに、他社解約時の違約金負担のあんしん乗り換えキャンペーンがあり、ソフトバンク光に乗り換える際に、他社の違約金を負担してもらうことが可能です。

別の回線を使用しているが、解約時に違約金が発生するため、ソフトバンク光に乗り換えるのをためらっている、というケースでは非常に大きなメリットになります。

ただし、こちらのキャンペーンは適用条件が細かく決まっているため、自分のケースに適用されるかよく確認する必要が有ります(ソフトバンク光の公式サイトへ)。

対象となるのは「他社固定ブロードバンド回線」または「他社モバイルブロードバンド回線」であり、ソフトバンク関連の製品の場合は適用されません。このあたりは注意しましょう。

ソフトバンクのスマホの月額割引


こちらはソフトバンク光を契約した際のスマホ料金の割引についてです。

ソフトバンク光は「おうち割光セット」に加入することで、ソフトバンクのスマホの月額が多くのケースで1,000円割引きとなり、ソフトバンクユーザーには大きなメリットとなります。

ただし、注意点もあり、ソフトバンク光のオプションである「おうち割 光セットオプション」に加入する必要があります。

「おうち割 光セットオプション」はインターネットが高速になる「光BBユニットレンタル」や「光電話」がついてくるオプションで、月額が合計500円です。

ソフトバンク光の月額に500円がプラスとなりますが、スマホの月額が1,000円割引になれば、トータルでは割引となります。

このような注意点がありますが、ソフトバンクユーザーにとっては、メリットの一つと言えます。

ソフトバンク光の悪い口コミや評判、デメリット

ソフトバンク光は良い口コミ以外に、悪い口コミや評判、デメリットと言える内容も、中にはみられます。

それらも確認していきましょう。

戸建ての場合は月額が上がる


こちらはソフトバンク光の戸建てに関する口コミです。

上記の通り、月額3,800円〜はマンションなどの集合住宅タイプの話であり、戸建ての場合は、月額が5,200円となります。

戸建てだと金額が上がってしまう点は、ソフトバンク光のデメリットの一つと言えます。

ソフトバンク光 ドコモ光 NURO光
月額 (マンション等) 3,800円 4,000円 4,743円
月額 (戸建て) 5,200円 5,200円 4,743円

ソフトバンク光と同様に、ソフトバンクのスマホ料金が安くなるNURO光の方が、単純な戸建て月額は安くなるため、場合によってはこちらを検討するのも良いでしょう。

しかし、上記の通り、戸建てに関してもソフトバンク光が著しく高いわけでは有りません

一般的に光回線は戸建ての方が月額が高くなる傾向があるため、戸建てでも割り切ってソフトバンク光を使うのも、悪い選択ではないでしょう。

工事費がかかる


ソフトバンク光の工事費に関する口コミです。

ソフトバンク光は、事前に光ファイバー導入がない場合は、屋外・宅内の工事で24,000円程度の工事費がかかります。

この工事費については、他社製品の場合、無料もしくは月額で工事費が割引される実質無料などのケースも多く見られます。

ソフトバンク光 ドコモ光 NURO光
工事費 0〜24,000円 15,000〜18,000円 実質無料

ただし、他社のように無料や実質無料を謳っていても、条件によっては工事費がかかったり、短期間での解約では、違約金と同時に工事費の全額を請求されるケースもあるため、一概にソフトバンク光の工事費がデメリットとは言い切れない面も有ります。

キャッシュバックのキャンペーンで工事をカバーできたり、月額の安さを考慮するとトータルでは工事費を含めてもソフトバンク光が安くなる可能性もあるため、そこまで大きなデメリットとは言えないかもしれません。

速度が速くても回線が安定していないという口コミもあり


上記の通り、ソフトバンク光は光回線ということもあり、速度に関してはある程度の速度が出るという口コミも多く見られます。

しかし、速度が速くても回線の通信状況が安定しないという口コミが見られます。


上記のような口コミがいくつか見られるため、ソフトバンク光を検討している場合は注意が必要です。

ただし、通信の安定性の改善は対処法も有ります。


上記の通り、ソフトンバク光は従来のIPv4からIPv6に変えることで回線安定性の改善が見込まれます。

IPv4からIPv6にする違いは、速度が速くなるという内容もありますが、一番のメリットは回線混雑の回避ができる点です。

IPv6を利用する方法は、月額500円がかかるオプションの「おうち割 光セットオプション」を申し込んで、レンタルされる光BBユニットを利用する必要があります。

月額500円がかかりますが、ソフトバンクのスマホ月額割引を利用する場合は、このオプションに加入する必要があります。

ソフトバンクユーザーでなくても回線の混雑回避という面では大きなメリットがあるため、必要に応じてIPv6の利用を検討するのが良いでしょう。

ルーターを準備する必要がある


上記はソフトバンク光のルーターに関する口コミです。

ソフトバンク光のデメリットの一つに、ルーターを用意する必要がある点が挙げられます。

他の光回線では、ルーターが必要なかったり、無料でレンタルできるケースもあります。

ソフトバンク光 ドコモ光 NURO光
wifiルーター 要準備 無料レンタル 不要

ただし、この点に関しては、簡単な解決法がいくつかあります。

解決法の1点目は、月額500円のオプション「おうち割 光セットオプション」を申し込むことです。これでルーターの役割をこなす光BBユニットをレンタルすることができます。

月額500円かかりますが、前述の通りソフトバンクのスマホ割引を適用する場合は必要なオプションであり、トータルで安くなる点、また、混雑回避のIPv6を利用する上でも必須になるため、これらを検討している場合は、ルーターを準備する必要はなくなります。

別の解決法として、キャンペーンにてwifiルーターを受け取ることができます。ソフトバンク光の申し込みの際に、正規代理店のエヌズカンパニーのキャンペーン「特典B」を選択することで、28,000円のキャッシュバックと、ハイグレードwifiルーターを受け取ることができます。

事前にwifiルーターの準備がなく、月額500円の「おうち割 光セットオプション」を利用しない場合は、この「特典B」を選択してルーターを準備するのが良いでしょう。

SoftBank光の公式サイトへ

ソフトバンク光の口コミや評判のまとめ

ソフトバンク光の口コミや評判、メリット・デメリットをまとめると以下の通りです。

良い評判や口コミ、メリット
・マンション等共同住宅の月額は最安級
・開通までの期間に無料でwifiレンタルが可能
・他社の違約金を負担してもらえる乗り換えキャンペーンあり
・ソフトバンクのスマホの月額割引
悪い評判や口コミ、デメリット
・戸建ての場合は月額が上がる
工事費がかかる
・回線が安定しないという口コミもあり
・ルーターを準備する必要がある

ソフトバンク光の基本的な情報を、他の光回線の情報と合わせてまとめると以下の通りです。

ソフトバンク光 ドコモ光 NURO光
月額 (マンション等) 3,800円 4,000円 4,743円
月額 (戸建て) 5,200円 5,200円 4,743円
初回事務手数料 3,000円 3,000円 3,000円
速度 1Gbps 1Gbps 2Gbps
ルーター 要準備 無料レンタル 不要
工事費 0〜24,000円 15,000〜18,000円 実質無料
スマホ割引 ソフトバンク ドコモ ソフトバンク
契約期間 2年 2年 2年
違約金 9,500円 戸建て13,000円
マンション8,000円
9,500円
(30ヶ月以内は工事費の残金)

上記の通り、ソフトバンク光の大きなメリットは、特に集合住宅において月額が安い点です。また、契約期間の2年は一般的ですが、違約金が意外と安い点も特徴です。

その他に光回線は開通するまで時間がかかるケースが多いですが、その間のwifi設備が無料でレンタルできるのも大きなメリットと言えるでしょう。

一方、デメリットの一つは工事費がかかる点ですが、これはキャッシュバック等でも十分まかなうことが可能です。速度自体はNURO光ほどは期待できませんし、回線が安定しないなどの口コミも見られますが、この点は前述の通りIPv6に変えることである程度は対処が可能です。

以上のように、ソフトバンク光は良い口コミも悪い口コミもありますが、上手く活用すると大きなメリットがある光回線です。

ソフトバンク光を検討している場合は、メリット・デメリットをしっかり理解した上で申し込むようにしましょう。

SoftBank光の公式サイトへ

タイトルとURLをコピーしました